シロアリの被害が大きくなる前に|素早く駆除の依頼をして家を守ろう

笑顔の男性

いち早く気づくことが大事

作業者

シロアリは木を食べて生きている害虫で、家の至るところの木材をかじってしまい被害を受けている人も多いことでしょう。シロアリはどこにでも生息しています。土のなかに拠点となる棲家を作り、そこから家のなかまで侵入して住宅の床や壁、柱などあらゆるところの木をかじりとります。家の重要な支えとなる柱を削り取られてしまったら、家が崩壊してしまう危機に陥ります。特に木造の住宅にシロアリが住み着くと非常に危険です。家のすべての部分がかじられてしまう可能性が高く、注意する必要があるのです。木造住宅のなかでも特に被害にあいやすい箇所というのが、湿気の多いトイレや浴室、台所などがあります。シロアリは木のなかでも湿った木が大好きです。水気のあるお風呂場やトイレ、台所などの木材は常に湿った状態であることが多いので、いつも湿気を取り除くように管理しておくといいです。木造住宅にお住まいの方は、常にそれを意識するようしてシロアリの被害を受けないよう気を付けていくといいです。

しかし、シロアリはなかなか気づくのが難しいことが多いです。その理由はシロアリの習性にあります。シロアリが木を食べていくとき、表面からではなく内部のほうから食べていくという習性があるのです。そのためシロアリに柱や壁などをかじりとられていても表面的には綺麗なので、問題に気づきにくく発見が遅れてしまうというケースが非常に多く見られるのです。シロアリの被害を大きくしないためにも初期の段階でシロアリの被害にあっているサインを見逃さないことが肝心になります。シロアリの被害のサインと言われている項目はいくつかあります。まずは風呂場やトイレなどの水気が多い場所が腐食している箇所がある、柱や床などをたたくと空洞があるような音がする、部屋の箇所に湿っていてかび臭いところがある、家のなかで羽アリを見たことがあるなどのことが挙げられます。そのような症状が見られたらシロアリの被害にあっている可能性が高いと言っていいでしょう。住宅のシロアリの被害から守るためにも、いち早くシロアリの存在に気づくことが肝心bなのです。